さすが名将 ポルトガル監督がスペイン戦で見せた柔軟采配

公開日:

 大会2日目のポルトガル―スペインの強豪対決は、期待以上のハイレベルな試合だった。特にスペインが3―2とリードして迎えた終了間際、ポルトガルFWのC・ロナウドが放った直接フリーキックは、この試合のエンディングにふさわしいスーパーゴールだった。

 記者席で目の当たりにして興奮し、思わず声をあげてしまったほどだ。

 試合は、お互いがっぷり四つで勝ち点1を分け合った格好だが、両監督が見せたベンチワークに関しては、ポルトガルを率いたサントス監督に軍配を上げざるを得ない。

 ポルトガルのゲームプランは、ボールを保持しながら攻撃してくるスペインに対し、自陣で粘り強く守ってシンプルな高速カウンターで相手ゴールを脅かすというもの。

 ポルトガルほどの実力があれば、積極的にボールをつないで攻撃的に戦えるはずなのだが、指揮官は「スペインが相手だから我々がそうするのも当然」と語り、相手によって戦い方に変化をつける柔軟性を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る