エースにも容赦なし 強豪ベルギー率いる指揮官の組織戦術

公開日: 更新日:

 優勝候補の一角が大勝発進である。

 後半2分、FWメルテンス(31=ナポリ)のゴールで先制。初出場のパナマの堅守をこじ開けると、FWルカク(25=マンチェスターU)が立て続けに相手ゴールネットを揺らす。今大会は初戦でFIFAランク上位各国の苦戦が続く中、欧州の強豪ベルギーが、好スタートを切った。

 2得点したルカクの他、MFデブルイネ(26=マンチェスターC)、GKクルトワ(26=チェルシー)ら、各ポジションに英プレミアリーグのトップ選手をちりばめる。このスター軍団を束ねるのが、昨年の8月から指揮を執るロベルト・マルティネス監督(44)だ。

 スペイン人指揮官は組織力を重視し、チームの規律、和を乱す選手はエースでも容赦しない。

 5月には、主力MFナインゴラン(30=ローマ)を今大会の予備登録メンバーから外した。指揮官は地元メディアに「単純に戦術的な理由」と話したが、練習への遅刻、代表合宿中に飲酒や喫煙を繰り返した元エースの素行を問題視したためだといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る