エースにも容赦なし 強豪ベルギー率いる指揮官の組織戦術

公開日:  更新日:

 優勝候補の一角が大勝発進である。

 後半2分、FWメルテンス(31=ナポリ)のゴールで先制。初出場のパナマの堅守をこじ開けると、FWルカク(25=マンチェスターU)が立て続けに相手ゴールネットを揺らす。今大会は初戦でFIFAランク上位各国の苦戦が続く中、欧州の強豪ベルギーが、好スタートを切った。

 2得点したルカクの他、MFデブルイネ(26=マンチェスターC)、GKクルトワ(26=チェルシー)ら、各ポジションに英プレミアリーグのトップ選手をちりばめる。このスター軍団を束ねるのが、昨年の8月から指揮を執るロベルト・マルティネス監督(44)だ。

 スペイン人指揮官は組織力を重視し、チームの規律、和を乱す選手はエースでも容赦しない。

 5月には、主力MFナインゴラン(30=ローマ)を今大会の予備登録メンバーから外した。指揮官は地元メディアに「単純に戦術的な理由」と話したが、練習への遅刻、代表合宿中に飲酒や喫煙を繰り返した元エースの素行を問題視したためだといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る