選手が言いたい放題…西野Jのコロンビア戦に“3つの火種”

公開日:  更新日:

 就任して2カ月半でロシアW杯の桧舞台に立った西野朗・日本代表監督(63)。あまりの準備期間の短さに「突貫工事ジャパン」なんてヤユされつつ、それでも1次リーグH組の初戦コロンビア戦は待ったなし。

 キックオフは日本時間19日午後9時である。 

 コロンビアとは、4年前のブラジルW杯で対戦し、1―4のスコアで一敗地にまみれている。

 彼我のレベル差は歴然としているのに西野監督の選んだ選手は「1勝もできずに大惨敗したブラジルW杯のザッケローニ日本代表」の焼き直し。

 代表メンバー23人の中で10年南アW杯から3大会連続出場がGK川島やMF本田など5人。2大会連続出場がDF吉田ら6人と半数近くが代わり映えせず、30歳以上が8人。平均年齢28・3歳の歴代最年長。ネット上では「劣化ジャパン」の辛辣な書き込みもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る