選手が言いたい放題…西野Jのコロンビア戦に“3つの火種”

公開日: 更新日:

 就任して2カ月半でロシアW杯の桧舞台に立った西野朗・日本代表監督(63)。あまりの準備期間の短さに「突貫工事ジャパン」なんてヤユされつつ、それでも1次リーグH組の初戦コロンビア戦は待ったなし。

 キックオフは日本時間19日午後9時である。 

 コロンビアとは、4年前のブラジルW杯で対戦し、1―4のスコアで一敗地にまみれている。

 彼我のレベル差は歴然としているのに西野監督の選んだ選手は「1勝もできずに大惨敗したブラジルW杯のザッケローニ日本代表」の焼き直し。

 代表メンバー23人の中で10年南アW杯から3大会連続出場がGK川島やMF本田など5人。2大会連続出場がDF吉田ら6人と半数近くが代わり映えせず、30歳以上が8人。平均年齢28・3歳の歴代最年長。ネット上では「劣化ジャパン」の辛辣な書き込みもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る