スウェーデンに惜敗 韓国は大会後“恒例”の監督問題が勃発

公開日:

 韓国が1次リーグ初戦で、スウェーデンに0―1で敗れた。前半から押し込まれながら、体を張った守備で耐え抜いていたが、後半20分、DFグランクビスト(33=クラスノダール)にPKを決められ、そのまま0―1で敗れた。

 韓国国内では早くも申台竜(47)監督の采配を疑問視する声が噴出し、首筋が寒くなってきた。今年4月にハリルホジッチ監督が解任され、西野監督が就任した日本以上に、韓国は代表監督がコロコロ代わるのだ。

 前監督のシュティーリケ氏はアジア最終予選を2試合残したところで電撃解任された。それでも同氏の韓国代表監督在任期間は2年8カ月で歴代最長。解任後、「ドイツ代表は過去20年の間に監督はわずか3人だが、韓国は4年間で3回も代わった。忍耐が必要だが、韓国には忍耐がなかった」と韓国メディアのインタビューに答えている。韓国代表は最近20年間で13人が監督を務めた。2年と持たない計算。同期間で日本は8人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る