スイス“優勝請負人”主将 痛恨のイエローで次戦出場できず

公開日: 更新日:

 スイスが苦しみながらも決勝トーナメント進出を決めた。すでに2敗を喫して1次リーグ敗退が決まっていたコスタリカとの対戦だったが、“引き分けでも勝ち抜け”という条件が選手の動きを硬くさせた。序盤からミスが相次ぎ、一方的に攻められる展開が続いた。

 そんなスイスを救ったのが、キャプテンを務める右サイドバックのDFリヒトシュタイナー(34=ユベントス)だった。前半31分、中央のMFシャキリからのパスを右サイドを駆け上がって受けると、ゴール前に完璧なクロスボールを上げる。左サイドのFWエンボロがゴール前に頭で折り返し、中央に走り込んだMFジェマイリがゴールに蹴り込んで先制点を挙げた。

 後半に入ってコスタリカに追いつかれたものの、39分にFWドルミッチのゴールで勝ち越し。後半アディショナルタイムにPKを与えて再び追いつかれたが、そのまま2―2で終了。勝ち点を5としたスイスが、E組2位で1次リーグ突破を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る