• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スイス“優勝請負人”主将 痛恨のイエローで次戦出場できず

 スイスが苦しみながらも決勝トーナメント進出を決めた。すでに2敗を喫して1次リーグ敗退が決まっていたコスタリカとの対戦だったが、“引き分けでも勝ち抜け”という条件が選手の動きを硬くさせた。序盤からミスが相次ぎ、一方的に攻められる展開が続いた。

 そんなスイスを救ったのが、キャプテンを務める右サイドバックのDFリヒトシュタイナー(34=ユベントス)だった。前半31分、中央のMFシャキリからのパスを右サイドを駆け上がって受けると、ゴール前に完璧なクロスボールを上げる。左サイドのFWエンボロがゴール前に頭で折り返し、中央に走り込んだMFジェマイリがゴールに蹴り込んで先制点を挙げた。

 後半に入ってコスタリカに追いつかれたものの、39分にFWドルミッチのゴールで勝ち越し。後半アディショナルタイムにPKを与えて再び追いつかれたが、そのまま2―2で終了。勝ち点を5としたスイスが、E組2位で1次リーグ突破を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る