早くも続投報道 西野監督が決勝T進出で手にする“ボーナス”

公開日: 更新日:

 西野ジャパンのまさかの快進撃は、すべて1次リーグ初戦のコロンビア戦の「前半3分に吹いた神風」から始まった。

 相手がペナルティーエリア内でハンドを犯して退場となり、PKを決めた日本代表が先制――という想像の埒外の出来事が重なり、コロンビア戦を制したことで日本選手に自信がみなぎった。H組最強といわれたセネガル戦では、2度リードされながら追い付き、最終的にドローに持ち込んで勝ち点1を引き寄せた。

 代表監督1年生どころか「就任して2カ月」ほどの指揮官が率いる日本代表が、3戦目のポーランド戦に「引き分け以上」で1次リーグを突破できる状況にあるとは、本大会前に一体誰が予想しただろうか。

 ともあれ西野監督の評価は、本大会前の「3戦全敗」「赤っ恥」「晩節を汚す」から「ドンピシャ神采配ズバリ!」とまるで名伯楽扱い。セネガル戦に引き分けた25日には一部スポーツ紙が1面にデカデカと「西野監督 1次リーグ突破すれば続投要請 緊急登板から2カ月」と書き立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る