早くも続投報道 西野監督が決勝T進出で手にする“ボーナス”

公開日:

 西野ジャパンのまさかの快進撃は、すべて1次リーグ初戦のコロンビア戦の「前半3分に吹いた神風」から始まった。

 相手がペナルティーエリア内でハンドを犯して退場となり、PKを決めた日本代表が先制――という想像の埒外の出来事が重なり、コロンビア戦を制したことで日本選手に自信がみなぎった。H組最強といわれたセネガル戦では、2度リードされながら追い付き、最終的にドローに持ち込んで勝ち点1を引き寄せた。

 代表監督1年生どころか「就任して2カ月」ほどの指揮官が率いる日本代表が、3戦目のポーランド戦に「引き分け以上」で1次リーグを突破できる状況にあるとは、本大会前に一体誰が予想しただろうか。

 ともあれ西野監督の評価は、本大会前の「3戦全敗」「赤っ恥」「晩節を汚す」から「ドンピシャ神采配ズバリ!」とまるで名伯楽扱い。セネガル戦に引き分けた25日には一部スポーツ紙が1面にデカデカと「西野監督 1次リーグ突破すれば続投要請 緊急登板から2カ月」と書き立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る