早くも続投報道 西野監督が決勝T進出で手にする“ボーナス”

公開日:

 西野ジャパンのまさかの快進撃は、すべて1次リーグ初戦のコロンビア戦の「前半3分に吹いた神風」から始まった。

 相手がペナルティーエリア内でハンドを犯して退場となり、PKを決めた日本代表が先制――という想像の埒外の出来事が重なり、コロンビア戦を制したことで日本選手に自信がみなぎった。H組最強といわれたセネガル戦では、2度リードされながら追い付き、最終的にドローに持ち込んで勝ち点1を引き寄せた。

 代表監督1年生どころか「就任して2カ月」ほどの指揮官が率いる日本代表が、3戦目のポーランド戦に「引き分け以上」で1次リーグを突破できる状況にあるとは、本大会前に一体誰が予想しただろうか。

 ともあれ西野監督の評価は、本大会前の「3戦全敗」「赤っ恥」「晩節を汚す」から「ドンピシャ神采配ズバリ!」とまるで名伯楽扱い。セネガル戦に引き分けた25日には一部スポーツ紙が1面にデカデカと「西野監督 1次リーグ突破すれば続投要請 緊急登板から2カ月」と書き立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る