• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも続投報道 西野監督が決勝T進出で手にする“ボーナス”

 西野ジャパンのまさかの快進撃は、すべて1次リーグ初戦のコロンビア戦の「前半3分に吹いた神風」から始まった。

 相手がペナルティーエリア内でハンドを犯して退場となり、PKを決めた日本代表が先制――という想像の埒外の出来事が重なり、コロンビア戦を制したことで日本選手に自信がみなぎった。H組最強といわれたセネガル戦では、2度リードされながら追い付き、最終的にドローに持ち込んで勝ち点1を引き寄せた。

 代表監督1年生どころか「就任して2カ月」ほどの指揮官が率いる日本代表が、3戦目のポーランド戦に「引き分け以上」で1次リーグを突破できる状況にあるとは、本大会前に一体誰が予想しただろうか。

 ともあれ西野監督の評価は、本大会前の「3戦全敗」「赤っ恥」「晩節を汚す」から「ドンピシャ神采配ズバリ!」とまるで名伯楽扱い。セネガル戦に引き分けた25日には一部スポーツ紙が1面にデカデカと「西野監督 1次リーグ突破すれば続投要請 緊急登板から2カ月」と書き立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る