劇的弾に思わず脱いだ スイスMFシャキリはムキムキも健在

公開日: 更新日:

 スイスの豆タンクが試合を決めた。

 1―1の後半45分。センターライン付近でスルーパスを受けたMFシャキリ(26=英ストーク)が、短い足をフル回転させて追いすがる相手DFを振り切った。トップスピードのままペナルティーエリアに進入すると、飛び出してくるGKをお構いなしに左足でゴール右に流し込んだ。

 身長165センチは、今大会の全登録736選手の中で最小。体重72キロの豆タンクのような体は重心が低く、強靱なボディーバランスと卓越したスピードを生み、ハンディどころか、“大きな”武器になっている。

 チームに今大会初勝利をもたらす劇的ゴールを決めたシャキリは、ユニホームを脱いで筋骨隆々の彫刻のごとき上半身を披露。この行為でイエローカードをもらったものの、スタジアムを大いに沸かせた。

 前回ブラジル大会では1次リーグのホンジュラス戦でハットトリックを達成。決勝トーナメント進出に貢献したスイスの小さな大黒柱は、今大会でも対戦相手の脅威になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る