楽観ムード漂うが 日本はポーランドに苦戦必至“4つの根拠”

公開日: 更新日:

「西野監督 85%突破」

「世界の本田 W杯男16強」

 スポーツ紙が決勝トーナメント進出は確実だと騒げば、テレビも2大会ぶり3度目の快挙だと煽り立てる。メディアもファンも日本代表の16強入りを信じて疑わないというムードになってきたのは間違いない。

 いや、ロシアで戦う日本代表すら、すでに決勝トーナメントを見据えているフシがある。セネガル戦の翌25日、ベースキャンプ地のカザンでは全選手がPKの練習を行った。これまでも攻撃系選手はPK練習をしてきたが、全員がやるのは初めて。備えあれば憂いなしというが、延長を終えて同点の場合、PKで決着をつける決勝トーナメントをにらんでのものだろう。

 H組の日本は現在、1勝1分け。28日のポーランド戦(日本時間午後11時開始)に勝つか引き分ければ、決勝トーナメント進出が決まる。そのポーランドは現時点で2敗していて、すでに1次リーグ敗退が決定。先のない状況で、モチベーションに疑問符が付くから、日本の勝利は堅いという理屈があふれ返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る