• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽観ムード漂うが 日本はポーランドに苦戦必至“4つの根拠”

「西野監督 85%突破」

「世界の本田 W杯男16強」

 スポーツ紙が決勝トーナメント進出は確実だと騒げば、テレビも2大会ぶり3度目の快挙だと煽り立てる。メディアもファンも日本代表の16強入りを信じて疑わないというムードになってきたのは間違いない。

 いや、ロシアで戦う日本代表すら、すでに決勝トーナメントを見据えているフシがある。セネガル戦の翌25日、ベースキャンプ地のカザンでは全選手がPKの練習を行った。これまでも攻撃系選手はPK練習をしてきたが、全員がやるのは初めて。備えあれば憂いなしというが、延長を終えて同点の場合、PKで決着をつける決勝トーナメントをにらんでのものだろう。

 H組の日本は現在、1勝1分け。28日のポーランド戦(日本時間午後11時開始)に勝つか引き分ければ、決勝トーナメント進出が決まる。そのポーランドは現時点で2敗していて、すでに1次リーグ敗退が決定。先のない状況で、モチベーションに疑問符が付くから、日本の勝利は堅いという理屈があふれ返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る