楽観ムード漂うが 日本はポーランドに苦戦必至“4つの根拠”

公開日:

「西野監督 85%突破」

「世界の本田 W杯男16強」

 スポーツ紙が決勝トーナメント進出は確実だと騒げば、テレビも2大会ぶり3度目の快挙だと煽り立てる。メディアもファンも日本代表の16強入りを信じて疑わないというムードになってきたのは間違いない。

 いや、ロシアで戦う日本代表すら、すでに決勝トーナメントを見据えているフシがある。セネガル戦の翌25日、ベースキャンプ地のカザンでは全選手がPKの練習を行った。これまでも攻撃系選手はPK練習をしてきたが、全員がやるのは初めて。備えあれば憂いなしというが、延長を終えて同点の場合、PKで決着をつける決勝トーナメントをにらんでのものだろう。

 H組の日本は現在、1勝1分け。28日のポーランド戦(日本時間午後11時開始)に勝つか引き分ければ、決勝トーナメント進出が決まる。そのポーランドは現時点で2敗していて、すでに1次リーグ敗退が決定。先のない状況で、モチベーションに疑問符が付くから、日本の勝利は堅いという理屈があふれ返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る