• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷は手術回避 7月2日オリオールズ戦に打者で先行復帰も

 二刀流が、まずは打者として復帰を果たす。

 エンゼルスは28日(日本時間29日)、右肘内側側副靱帯の損傷で故障者リスト(DL)入りしている大谷翔平(23)が手術を回避し、近日中にも打撃練習を再開すると明かした。ビリー・エプラーGMによれば、大谷はロサンゼルス市内の病院で再検査を受け、「医師から現時点で、外科的な治療は必要ない」と診断された。靱帯を修復するトミー・ジョン手術は行わず、投球練習の再開時期は、3週間後に再検査を受けてから決めるという。

 今後は30日にも遠征先のボルティモアに移動。チームに合流して本格的な打撃練習を再開する。同GMは「彼は守備に就かないので、マイナーの試合で調整する必要はない」とし、DHとしてぶっつけ本番で復帰するとの見通しを示した。

 同GMによると、当初からチームドクターには「DHだけならDL入りする必要はない」と診断されていたそうだ。患部への負担が少ない打者であれば、早期復帰も可能で、早ければ週明け7月1日(同2日)のオリオールズ戦(ボルティモア)でスタメンに名を連ねる。大谷は4回で降板した6日のロイヤルズ戦後に右肘の異常を訴えて、7日に再生治療である「PRP注射」を受けた。戦列を離れてからはボールを握らず、左手だけでバットを振ったり、キャッチボールで調整してきた。

 一部米メディアは「球団が大谷の手術を検討している」と報道。二刀流起用の再考もささやかれたが、最悪の事態を免れるどころか、患部は意外にも軽症だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る