• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焦りや不安は? 6試合連続スタメン落ちの巨人小林に聞いた

 1週間、ベンチを温めている。

 巨人の小林誠司(29)が正念場だ。2016年からチームの正捕手を任され、昨季はエース菅野とバッテリーでゴールデン・グラブ賞を獲得。今季もそれが続く、はずだった。しかし球団が昨年、ドラフトで2人の即戦力社会人捕手を獲得したところから潮目は変わる。

 小林は先月28日、菅野の相手を務めると、翌29日にスタメンマスクをかぶったのはルーキーの大城卓三(25=NTT西日本)。翌々日も大城にその座を奪われ、今月1日には3年目の宇佐見真吾(25)が先発、小林は九回裏の出場だけだった。

 大城も宇佐見も、小林と比べれば打撃面で期待できる。きょう6日の先発は菅野が予定されているため、スタメン復帰の可能性は高いが、今やエース専属捕手となりつつある。控えが多くなった小林に今の気持ちを聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る