• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焦りや不安は? 6試合連続スタメン落ちの巨人小林に聞いた

 1週間、ベンチを温めている。

 巨人の小林誠司(29)が正念場だ。2016年からチームの正捕手を任され、昨季はエース菅野とバッテリーでゴールデン・グラブ賞を獲得。今季もそれが続く、はずだった。しかし球団が昨年、ドラフトで2人の即戦力社会人捕手を獲得したところから潮目は変わる。

 小林は先月28日、菅野の相手を務めると、翌29日にスタメンマスクをかぶったのはルーキーの大城卓三(25=NTT西日本)。翌々日も大城にその座を奪われ、今月1日には3年目の宇佐見真吾(25)が先発、小林は九回裏の出場だけだった。

 大城も宇佐見も、小林と比べれば打撃面で期待できる。きょう6日の先発は菅野が予定されているため、スタメン復帰の可能性は高いが、今やエース専属捕手となりつつある。控えが多くなった小林に今の気持ちを聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る