23打席連続無安打…岡本に「巨人・4番」重圧克服の処方箋

公開日:

「4番打者として、無理に大きい当たりを打とうとしている印象です」

 巨人の岡本和真(22)についてこう話すのは、ライバル球団の首脳陣の一人だ。

 今季14本塁打をマークする岡本は、1カ月前の6月2日のオリックス戦で巨人軍第89代の4番として起用された。21歳での大役はあの松井秀喜以来。その試合でいきなりアーチを放ったが、27日の広島戦からの5試合で23打席連続無安打と当たりがパッタリ止まった。

 1日の中日戦後、高橋由伸監督は報道陣から「ちょっと気がかりでは?」と聞かれ、苦笑いを浮かべながら「そうですか? 大丈夫じゃないですか。打つんじゃないですか、そのうち」とかばっていたものの、冒頭のライバル球団首脳陣はキッパリとこう言った。

「これまでもアッパー気味に打っていたとはいえ、甘い球をきっちり仕留めていた。しかし最近は力みもあってか、無理やり“かち上げ”に行っている。やられたと思った打球が上がりすぎてフライアウトになったり、ミスショットをしてファウルになったりしているだけでなく、ボール球にも手を出すという悪循環に陥っているように見ええます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る