23打席連続無安打…岡本に「巨人・4番」重圧克服の処方箋

公開日:

「4番打者として、無理に大きい当たりを打とうとしている印象です」

 巨人の岡本和真(22)についてこう話すのは、ライバル球団の首脳陣の一人だ。

 今季14本塁打をマークする岡本は、1カ月前の6月2日のオリックス戦で巨人軍第89代の4番として起用された。21歳での大役はあの松井秀喜以来。その試合でいきなりアーチを放ったが、27日の広島戦からの5試合で23打席連続無安打と当たりがパッタリ止まった。

 1日の中日戦後、高橋由伸監督は報道陣から「ちょっと気がかりでは?」と聞かれ、苦笑いを浮かべながら「そうですか? 大丈夫じゃないですか。打つんじゃないですか、そのうち」とかばっていたものの、冒頭のライバル球団首脳陣はキッパリとこう言った。

「これまでもアッパー気味に打っていたとはいえ、甘い球をきっちり仕留めていた。しかし最近は力みもあってか、無理やり“かち上げ”に行っている。やられたと思った打球が上がりすぎてフライアウトになったり、ミスショットをしてファウルになったりしているだけでなく、ボール球にも手を出すという悪循環に陥っているように見ええます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る