早くも“救世主”扱い 巨人ヤングマンの課題をOB投手が指摘

公開日:

「初先発を非常に楽しみにしていた。チームの勝利に貢献できてうれしい」

 1日の中日戦で8回3安打無失点と好投、来日初先発初勝利を挙げた巨人のヤングマン(28=ブルワーズ3A)が笑顔で喜んだ。

 198センチの長身かつ長い右腕から繰り出されるストレートとカーブを中心に中日打線を手玉に取った。外国人枠の関係で開幕から二軍暮らしが続いたが、その二軍では12試合で7勝2敗、防御率1・43。不調のカミネロと入れ替わる形で一軍昇格するや、満点投球で応えた。巨人は先発投手陣の台所事情が苦しい。勝ちが計算できるのは菅野くらいしかおらず、周囲は早くもこの右腕を「救世主」扱いしている。これからも期待していいのか。

 この日、テレビ解説していた落合博満氏は、投球自体を評価する一方で、「ひとつだけ言うと、変化球は全部(腕が)緩んじゃう。そこを打者が見られるかどうか」と指摘していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る