4戦連続スタメン落ち 巨人・小林の“正捕手復帰”は菅野次第

公開日:

 まさに崖っぷちだ。

 巨人の小林誠司(29)が3日のDeNA戦でまたもスタメン落ち。これで4戦連続のベンチスタートとなった。

 今季は59試合でスタメンマスクをかぶり、オールスターにファン投票で選ばれたが、6月26日からの広島3連戦がケチのつき始め。26日の鍬原、27日の田口と先発が2試合続けて初回に4失点を喫し、27日は1打席も立つことなく、代打を送られた。試合後の村田ヘッドコーチは「投手だけの責任じゃない」と怒り心頭だったから、“懲罰交代”ともっぱらだった。

 しかも、翌28日には同い年で厚い信頼関係にあるエース菅野とのコンビでも、5回4失点と結果を残すことができなかった。さる巨人OBが言う。

「リードについてはかねて批判対象になることが多かったが、首脳陣は打撃面も問題視している。3、4月は一時は首位打者に躍り出るなど、打率・357と打ちまくったものの、5月以降はサッパリ。打率は・230まで急降下した(5月・130、6月・143)。小林はしかも、バントもうまいとはいえない。犠打成功率は・714。成功率は8割を超えるのが一般的なのに、これも首脳陣の評価を下げる要因になっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る