• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4戦連続スタメン落ち 巨人・小林の“正捕手復帰”は菅野次第

 まさに崖っぷちだ。

 巨人の小林誠司(29)が3日のDeNA戦でまたもスタメン落ち。これで4戦連続のベンチスタートとなった。

 今季は59試合でスタメンマスクをかぶり、オールスターにファン投票で選ばれたが、6月26日からの広島3連戦がケチのつき始め。26日の鍬原、27日の田口と先発が2試合続けて初回に4失点を喫し、27日は1打席も立つことなく、代打を送られた。試合後の村田ヘッドコーチは「投手だけの責任じゃない」と怒り心頭だったから、“懲罰交代”ともっぱらだった。

 しかも、翌28日には同い年で厚い信頼関係にあるエース菅野とのコンビでも、5回4失点と結果を残すことができなかった。さる巨人OBが言う。

「リードについてはかねて批判対象になることが多かったが、首脳陣は打撃面も問題視している。3、4月は一時は首位打者に躍り出るなど、打率・357と打ちまくったものの、5月以降はサッパリ。打率は・230まで急降下した(5月・130、6月・143)。小林はしかも、バントもうまいとはいえない。犠打成功率は・714。成功率は8割を超えるのが一般的なのに、これも首脳陣の評価を下げる要因になっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る