4戦連続スタメン落ち 巨人・小林の“正捕手復帰”は菅野次第

公開日:

 まさに崖っぷちだ。

 巨人の小林誠司(29)が3日のDeNA戦でまたもスタメン落ち。これで4戦連続のベンチスタートとなった。

 今季は59試合でスタメンマスクをかぶり、オールスターにファン投票で選ばれたが、6月26日からの広島3連戦がケチのつき始め。26日の鍬原、27日の田口と先発が2試合続けて初回に4失点を喫し、27日は1打席も立つことなく、代打を送られた。試合後の村田ヘッドコーチは「投手だけの責任じゃない」と怒り心頭だったから、“懲罰交代”ともっぱらだった。

 しかも、翌28日には同い年で厚い信頼関係にあるエース菅野とのコンビでも、5回4失点と結果を残すことができなかった。さる巨人OBが言う。

「リードについてはかねて批判対象になることが多かったが、首脳陣は打撃面も問題視している。3、4月は一時は首位打者に躍り出るなど、打率・357と打ちまくったものの、5月以降はサッパリ。打率は・230まで急降下した(5月・130、6月・143)。小林はしかも、バントもうまいとはいえない。犠打成功率は・714。成功率は8割を超えるのが一般的なのに、これも首脳陣の評価を下げる要因になっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る