16歳結城海斗を待ち受ける マイナーの生存競争と嫌がらせ

公開日:  更新日:

 高校から直接、メジャーに挑戦することすら異例なのに、中学を出たての16歳が海を渡るというからオドロキだ。

 米大リーグ、ロイヤルズとマイナー契約を結んだ結城海斗が8日、大阪で会見。「甲子園を目指してたけど、シニア選抜で米国に行き、米国で野球をしたいという思いが強くなった」と話した。

 188センチ、73キロの右投げ右打ち。すでに140キロ超の速球を投げ、数多くの野球名門校から誘いがあったという。逸材には違いないが、素質があるからといって米国で成功するとは限らない。

 例えば、韓国ではこれまで100人近い高校生が直接、海を渡ったが、モノになったメジャーリーガーといえば秋信守(35=レンジャーズ)くらいのもの。体もアタマの中身も大人になり切れない18歳が単身、米国に渡っても実力を発揮する以前に頓挫するケースが圧倒的に多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る