昨季シアトルで8勝も…ソフトB獲得ミランダに“一発病”不安

公開日:

 実績は文句なしだ。

 6日、ソフトバンクは前マリナーズのアリエル・ミランダ(29=左投げ左打ち)の獲得を発表した。昨季は29試合に先発して8勝7敗、防御率5・12。ソフトバンクの先発陣は和田や東浜を故障で欠き、千賀、武田が不調にあえいでいるだけに、補強が急務だった。

 スポーツライターの友成那智氏が言う。

「150キロ弱の直球を高めに投げ、130キロ弱のスプリットを低めに投げ分ける、高低差で打者の目を惑わせるタイプの投手。典型的なフライボールピッチャーで、昨年はフライアウトに対するゴロアウトの比率が0・51とかなり低い数字だった」

 それにしても昨季メジャーのローテで投げていた投手がなぜ、日本に来たのか。ミランダは今季、メジャーでは1試合しか投げず、主に3Aでプレーしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る