24試合連続無失点でも Dバックス平野の過大評価は禁物だ

公開日:

 日本でいま、ダイヤモンドバックスの平野佳寿(34)が話題になっている。

 日本時間29日現在、39試合に登板して2勝0敗、防御率1.25。目下24試合連続無失点中で、球団タイ記録に並んだのはビッグサプライズかもしれない。

 平野は他の米国人投手と比べて、テークバックが深い。右腕が背中方向にかなり入る。その結果、腕がワンテンポ遅れて出てくるため、米国人投手に慣れている打者はタイミングが取りにくいのだろう。

 ダイヤモンドバックスは、抑えのボックスバーガーを筆頭にリリーフ陣が充実している。したがって、好調な平野を無理遣いする必要がない。ここまで3連投が一度もなく、さほど疲弊していないこともプラス材料だ。

 ただし、このままの状態が続くと考えるのは早計ではないか。平野が昨オフ、米球界挑戦を表明したとき、わたしは球団へのリポートに「メジャー枠には入るかもしれないが、長続きはしないだろう」と書いた。根拠はストレートのコントロールがアバウトだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る