年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

公開日:  更新日:

「もうやるしかない。戦力になるように、どんなことでもくじけず、諦めない気持ちでやっていきたい」

 5日、テストを経てDeNA入団が決まった前ダイヤモンドバックス2Aの中後悠平(28)が入団会見。同席した高田GMは「リリーフで苦しんでいる。いいところで使える投手になってほしい」と期待を寄せた。

 変則左腕の中後は15年限りでロッテ退団後、日本の独立リーグを経て、16年から米球界へ挑戦した。同年、3Aで13試合連続無失点をマークしたこともあったが、今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29で解雇され、メジャー昇格の夢はかなわなかった。

 DeNAとの契約は今季終了までの年俸500万円。格安ではあるものの、マイナー時代に比べれば倍以上の給料だ。

 2A級の選手は平均月給1500~2000ドル(約16万~22万円)。シーズン中のみ支払われ、日本の支配下選手の最低年俸440万円の半分程度だ。加えて中後は夕食代として1週間で60ドル程度のミールマネーをもらっていたが、物価が高いアメリカで1日10ドル以下では、赤身のステーキにさえありつけない。今年2月、中後はDバックスキャンプに合流した際、こんな話をしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る