• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

「もうやるしかない。戦力になるように、どんなことでもくじけず、諦めない気持ちでやっていきたい」

 5日、テストを経てDeNA入団が決まった前ダイヤモンドバックス2Aの中後悠平(28)が入団会見。同席した高田GMは「リリーフで苦しんでいる。いいところで使える投手になってほしい」と期待を寄せた。

 変則左腕の中後は15年限りでロッテ退団後、日本の独立リーグを経て、16年から米球界へ挑戦した。同年、3Aで13試合連続無失点をマークしたこともあったが、今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29で解雇され、メジャー昇格の夢はかなわなかった。

 DeNAとの契約は今季終了までの年俸500万円。格安ではあるものの、マイナー時代に比べれば倍以上の給料だ。

 2A級の選手は平均月給1500~2000ドル(約16万~22万円)。シーズン中のみ支払われ、日本の支配下選手の最低年俸440万円の半分程度だ。加えて中後は夕食代として1週間で60ドル程度のミールマネーをもらっていたが、物価が高いアメリカで1日10ドル以下では、赤身のステーキにさえありつけない。今年2月、中後はDバックスキャンプに合流した際、こんな話をしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る