鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

メジャー選手の息の根を止める4つの「キャリアエンダー」

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平は肘の靱帯部分断裂で離脱したが、米国には選手生命を左右しかねない「キャリアエンダー」と言われる故障がある。選手を悩ませる重傷は次の4つだ。

■肩の関節唇断裂

 ひと昔前は肘の靱帯断裂が「キャリアエンダー」と見なされていた。トミー・ジョン手術の出現と進化で手術を受けた投手の約9割がメジャーに復活できるようになった。メジャーリーグで、それに代わってキャリアエンダーの代表格と見なされているのは「肩の関節唇断裂」である。

 関節唇は肩の関節が前後・上下にぶれないように支える働きをしている軟骨組織のことで、これが裂けたり、剥がれた状態(関節唇断裂)になると、まともな投球ができなくなる。

 自然に治癒することはないので修復手術を受けるしかないが、関節唇は一度で完全にくっつくケースは少なく、手術後メジャーに復帰して元のレベルで投げられるようになった投手は2割程度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る