復帰2戦目で早くも手応え 大谷が明かしていた“打撃の極意”

公開日:  更新日:

「ボールの見え方や、打てそうな感じのする待ち方が大事。そういう意味で進歩しているんじゃないかと思う」

 エンゼルスの大谷翔平(24)が4日(日本時間5日)、復帰2戦目のマリナーズ戦で2安打2得点、勝利に貢献して満足そうにこう言った。

 1本目の右前打が時速約166キロなら、2本目の右翼線二塁打は時速約163キロ。ともにバットの芯でとらえたいい当たりだったが、本人が「進歩」と自画自賛したのは結果よりも投球に対するアプローチだった。3三振を食らった前日の復帰戦と比べて、ボールの見え方や待ち方が良くなったというのだ。

 大谷は以前、日刊ゲンダイのインタビューに答えて、こう言ったことがある。

「ボールの見え方も含めて、打てそうな気がして凡退してしまうのと、打てなさそうな気がしてもヒットになるのとでは全然違う。打席に入ったときに勝っているか、勝っていないかの話です。ピッチャーと向かい合ったときに打てそうな気がするかどうか。僕としては(打てそうな気がして)打ち損じているくらいの方がいいのかなと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る