• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰2戦目で早くも手応え 大谷が明かしていた“打撃の極意”

「ボールの見え方や、打てそうな感じのする待ち方が大事。そういう意味で進歩しているんじゃないかと思う」

 エンゼルスの大谷翔平(24)が4日(日本時間5日)、復帰2戦目のマリナーズ戦で2安打2得点、勝利に貢献して満足そうにこう言った。

 1本目の右前打が時速約166キロなら、2本目の右翼線二塁打は時速約163キロ。ともにバットの芯でとらえたいい当たりだったが、本人が「進歩」と自画自賛したのは結果よりも投球に対するアプローチだった。3三振を食らった前日の復帰戦と比べて、ボールの見え方や待ち方が良くなったというのだ。

 大谷は以前、日刊ゲンダイのインタビューに答えて、こう言ったことがある。

「ボールの見え方も含めて、打てそうな気がして凡退してしまうのと、打てなさそうな気がしてもヒットになるのとでは全然違う。打席に入ったときに勝っているか、勝っていないかの話です。ピッチャーと向かい合ったときに打てそうな気がするかどうか。僕としては(打てそうな気がして)打ち損じているくらいの方がいいのかなと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る