極端シフトにバントで対抗…大谷はブーイング対象になるか

公開日:

 何しろ二塁と三塁の間にいた野手は遊撃手ひとり。大谷翔平(24=エンゼルス)が、「転がせば100%セーフ」と思ったのは無理もない。

 去る7日(日本時間8日)のドジャース戦で、3回試みたセーフティーバント(結果は一度も成功せず)に関する話だ。

 メジャーはいま、データ野球全盛。打者の特徴に応じて極端なシフトを敷くケースは珍しくないとはいえ、その裏をかくようなバントは力と力の勝負を好むメジャーで容認されるのか。スポーツライターの友成那智氏はこう言った。

「例えばノーヒットノーランなどの記録がかかっている場面でやれば非難されますけど、それ以外であればまったく問題ありません。実際、アストロズの左打ちの強打者のマッキャンは足が遅いにもかかわらず、三塁方向にバントをすることがある。ドジャースのアトリーなども、シフトの裏をかくバントはします。バントは極端なシフトに対する打者の正当な対抗手段として認められているのです。ブーイングを浴びるようなことはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る