• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対左腕の打率.118 打者・大谷翔平に「一刀流」のハードル

 大谷翔平(24=エンゼルス)がメジャーでも脚光を浴びたのは、投手と野手、どちらも非凡な能力を発揮する二刀流選手だからだ。

 160キロの剛速球を投げ、135メートルの特大本塁打をかっ飛ばす。かのベーブ・ルース以来、100年ぶりの「ツーウエープレーヤー」であるがゆえに注目された。

 が、現在は右肘靱帯部分断裂の影響で投げられない。そもそも打者としては守備に就かないDHだから、いまの役割はひたすら打ちまくって勝利に貢献すること。求められるハードルは、二刀流をこなしていたとき以上に高くなる。

 日本時間11日現在、打率.274、7本塁打、22打点。しかし、戦列に復帰して以降の成績に限れば21打数4安打の打率.190、1本塁打、2打点。打つことが専門のDHにしては、物足りない数字と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る