• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対広島2勝7敗で借金4…巨人“恒例”の配置転換にビビる面々

 巨人が広島にまた負けた。

 27日、先発した田口がいきなり4失点。三回にマギーの3ランで1点差に迫ったものの、その裏に鈴木に左越えへソロ本塁打を叩き込まれ、追い上げムードは一気にしぼんだ。田口は4回8安打5失点で5敗目(2勝)となった。

 前日は初回に巨人が4点を先制したものの、終わってみれば5―14の逆転負け。この日は逆の立場だったが、広島から4点をひっくり返すのは容易ではない。巨人は3連敗で借金は4。首位広島とは今季最大の7・5ゲーム差に広がった。マツダスタジアムでは昨年8月から8連敗となった。

 今季の広島戦は2勝7敗。なかなか宿敵に勝てず、借金が返せない現状に、チーム内で不穏な空気が流れ始めた。昨年は球宴期間中に大規模な配置転換が敢行されている。「今年もあるのか……」と現場でそんな声が聞こえてくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る