エースで広島に逆転負け G菅野攻略は交流戦の西武がお手本

公開日: 更新日:

 エースでも止められなかった。

 巨人菅野智之(28)が28日、中5日で広島戦に登板。2―0の五回に菊池にソロ、野間に逆転3ランを浴びた。5回を7安打4失点で5敗目(8勝)を喫し、巨人は広島に3タテを食らって4連敗。敵地マツダスタジアムでの連敗は9に伸びた。

 菅野は昨季の沢村賞投手。今季も試合前まで8勝4敗、防御率はリーグトップの2・13だった。難攻不落の右腕ではあるが、交流戦では8日の西武戦で今季最短の5回5失点でKOされている。その西武関係者が声を潜めてこう言う。

「菅野の持ち球はみんないい。特にシュート系の球(ツーシーム)が良くて、それが懐に食い込んでくる右打者には特に厄介。だから左が打たないとなかなか攻略できない。できるだけ左打者を並べた方が、得点の確率は上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る