• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

 大学選手権と日米野球が終わり、先日のスカウト会議の話題は大学生が中心だった。

「配布したリストに載っていなくても、気になる選手がいたら名前を挙げてください」

 エラいさんのひと言に肝を冷やしたのはオレだけじゃなかったはずだ。

 なにしろ部長やエラいさんの部下たちは、遠慮ってものがない。人が担当する地区の選手をコソコソ見にきたりして、そんなにオレのことが信用できないのかってアタマにもくる。

 で、内心、ビクビクしてたら、部長でもエラいさんの部下でもなく、エラいさん自身が声を上げた。しかも、オレが担当するある地方の野手だ。

「この選手、異常に打率や出塁率や長打率が高いんですけど、その割に他の球団は評価していないようです。どこか傷でもあるんでしょうか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る