小倉清一郎氏が解説 2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭の死角

公開日:

 7月30日の北大阪大会決勝では、23得点を奪って大院大高に大勝した大阪桐蔭。85年に清原、桑田の「KKコンビ」のPL学園などがマークした大阪大会決勝最多得点を更新する歴史的優勝だった。絶対的王者に死角はあるのか。倒すならどこか。

■センバツV校が陥りやすいワナ

 98年の80回大会で松坂(現中日)を擁して甲子園春夏連覇、この世代に秋の明治神宮大会、国体なども含め、前人未到の「公式戦44戦全勝」を果たした横浜高の元部長・小倉清一郎氏は「大阪桐蔭の優勝確率は、春は90%でしたが、この夏は60%と見ています」と指摘する。確率が下がったのはなぜか。連覇の重圧か。

 小倉氏が続ける。

「重圧より怖いのは、過信や油断でしょうね。『自分たちは強い』と思ったら練習態度に表れます。高校生ですから、私の経験上、こういう時はころっと負けるものなんです。松坂の時は、夏の甲子園2回戦で杉内(現巨人)の鹿児島実に6―0で勝った後に雰囲気が緩んだ。間隔は中3日でしたが、星稜との3回戦の前、選手が明らかに集中していない。チンタラやっていたので、私はすぐに練習を中止にした。打撃練習もなし。すると、危機感を感じた選手たちは、バッティングセンターへ行って打ち込んでいた。センバツで優勝し、夏の甲子園で敗退した時も似たようなことがあった。今回の大阪桐蔭にも起こり得ることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る