「穴」は昨夏地方大会決勝と今春&昨夏の甲子園初戦敗退校

公開日:  更新日:

 前回の甲子園で初戦敗退を喫した春夏か夏の連続出場校、もしくは、前年夏の地方大会決勝で敗れた学校が「穴」をあけるケースは意外と多い。

 聖地で初戦敗退した悔しさ、あと一歩のところで出場を逃した悔しさがバネとなり、血や肉となって旋風を起こすのだ。

「夏の連続組」では、2015年夏の1回戦で鹿児島実に4―18と大敗した北海(南北海道)が、翌16年夏は聖光学院(福島)、秀岳館(熊本)などの強豪校を次々と倒して4勝。決勝まで勝ち上がった(準優勝)。15年夏に九州国際大付(福岡)に初戦負けした鳴門(徳島)は翌16年夏、センバツを制した智弁学園(奈良)を2回戦で破るなど3勝を挙げて8強入りした。「センバツから連続組」では、14年春に初戦で豊川(愛知)に敗れた日本文理(新潟)が、その夏に東邦(愛知)を倒すなど4強と躍進した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る