4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

公開日:  更新日:

 2人のベテランは、このままいけば来季もクビがつながる可能性が高いが、問題はその他の連中だ。

 昨オフ、「若返り」のあおりを受けた村田修一(37=栃木)が巨人から自由契約となり、結局は引退に追い込まれた。球団はこのオフ、さらなる若返りを進める方針だという。まず“整理”対象となりそうなのは「FA入団組」だ。

「FAで入った杉内(37)、大竹(35)、森福(32)、出戻りの脇谷(36)も含めた4人はクビが寒いともっぱらです。全く登板していない杉内以外は、二軍では主力級でも、それではFAで他球団から呼んだ意味がない。昨オフはFAで入って一軍の主力だった村田ですら自由契約になっている。生え抜き選手よりシビアな目で見られるのは確かですから」(前出の関係者)

 かつて巨人に三顧の礼で迎えられた大物FA選手の中には、引退後もコーチなどで球団に残れる「終身雇用」のような契約を結ぶこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る