4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

公開日:  更新日:

 2人のベテランは、このままいけば来季もクビがつながる可能性が高いが、問題はその他の連中だ。

 昨オフ、「若返り」のあおりを受けた村田修一(37=栃木)が巨人から自由契約となり、結局は引退に追い込まれた。球団はこのオフ、さらなる若返りを進める方針だという。まず“整理”対象となりそうなのは「FA入団組」だ。

「FAで入った杉内(37)、大竹(35)、森福(32)、出戻りの脇谷(36)も含めた4人はクビが寒いともっぱらです。全く登板していない杉内以外は、二軍では主力級でも、それではFAで他球団から呼んだ意味がない。昨オフはFAで入って一軍の主力だった村田ですら自由契約になっている。生え抜き選手よりシビアな目で見られるのは確かですから」(前出の関係者)

 かつて巨人に三顧の礼で迎えられた大物FA選手の中には、引退後もコーチなどで球団に残れる「終身雇用」のような契約を結ぶこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る