4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

公開日:  更新日:

 巨人の内海哲也(36)が炎上した。

 先発した7日の阪神戦で初回にロサリオに満塁本塁打を浴びると、五回には福留、糸井に相次いで適時二塁打を打たれ、五回途中6失点でKO。試合前まで借金1だった巨人は、阪神に完済を阻まれた。

 さるチーム関係者がこう言う。

「4勝3敗となった内海は、春のキャンプからずっと二軍。5月にやっと初登板して勝利を挙げた後もチーム事情によって再び二軍。それでも腐らず状態をキープした。今はカードの頭を任され、前回登板で4年ぶりの完封勝利。少しずつ首脳陣の信頼を取り戻しつつあります」

 同い年の亀井善行(36)はこの日、「5番・左翼」で出場。打率.292で得点圏はリーグ2位の.387と勝負強さを発揮している。

■昨年は村田修一が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る