• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Gメルセデスも3連勝 残り試合は崖っぷち助っ人がカギ握る

 先日、落合博満元中日監督がTBS系の「サンデーモーニング」で、セの2位争いを演じる5球団について、「外国人次第です。契約(延長の話)が出てくるから。彼らの7月から8月、9月って強いですよ」と話していた。

 2日のセの戦いはその通りの展開となった。

「いつも激しく練習していることが結果につながっていると思う。一生懸命やってるところを見てください」

 巨人のメルセデス(24)がDeNA相手に3安打2失点で来日初完投勝利。大粒の汗をぬぐう助っ人から真っ白な歯がこぼれた。

 このドミニカ出身左腕は2017年に育成選手として入団。二軍で結果を残して7月8日に支配下登録されると、一軍デビュー戦となった同10日のヤクルト戦から無傷の3連勝を挙げている。

 年俸は約550万円。支配下選手になる前の年俸は270万円しかなかった。その上、母国にいるという夫人と子供を養わないといけない。今は、一軍最低保障年俸1430万円の差額が手に入る。メルセデスの場合は1日につき6万円程度とみられ、これだけでも大きなモチベーションになっているはず。そんなハングリー精神に満ちあふれる男に、巨人の今後がかかっているといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る