Gメルセデスも3連勝 残り試合は崖っぷち助っ人がカギ握る

公開日:

 先日、落合博満元中日監督がTBS系の「サンデーモーニング」で、セの2位争いを演じる5球団について、「外国人次第です。契約(延長の話)が出てくるから。彼らの7月から8月、9月って強いですよ」と話していた。

 2日のセの戦いはその通りの展開となった。

「いつも激しく練習していることが結果につながっていると思う。一生懸命やってるところを見てください」

 巨人のメルセデス(24)がDeNA相手に3安打2失点で来日初完投勝利。大粒の汗をぬぐう助っ人から真っ白な歯がこぼれた。

 このドミニカ出身左腕は2017年に育成選手として入団。二軍で結果を残して7月8日に支配下登録されると、一軍デビュー戦となった同10日のヤクルト戦から無傷の3連勝を挙げている。

 年俸は約550万円。支配下選手になる前の年俸は270万円しかなかった。その上、母国にいるという夫人と子供を養わないといけない。今は、一軍最低保障年俸1430万円の差額が手に入る。メルセデスの場合は1日につき6万円程度とみられ、これだけでも大きなモチベーションになっているはず。そんなハングリー精神に満ちあふれる男に、巨人の今後がかかっているといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る