巨人村田HCが明言の「捕手相性制」で小林に他球団が熱視線

公開日: 更新日:

 巨人の捕手がコロコロ変わる。1日のDeNA戦は小林誠司(29)がスタメンマスク。先発した吉川光の7回1失点の好投(4勝目)を引き出した。

 しかし、前日の試合で4年ぶりの完封勝利を挙げた内海と組んだのは、新人の大城卓三(25=NTT西日本)だった。内海は「しつこく、しつこくインコースを使ってくれた。大城に感謝。意思疎通、呼吸がしっかり合った結果」と絶賛したばかりである。もうひとりの宇佐見真吾(25)はメルセデスや故障離脱したヤングマンの登板時に出場している。一体、正捕手は誰なのか。村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)に聞くと、返答はこうだった。

「正捕手? おらん。まあ、調子とかもあるけど、これから捕手は、その日に先発する投手との相性で変えていこうと思ってるんや」

 現在の先発ローテでは、菅野、山口俊、吉川光の登板時は小林。内海には大城。メルセデスには宇佐見が相棒を務める。だが、小林は7月27日に先発復帰するまで、およそ1カ月もの間、先発から外れていた。村田ヘッドは「理由は言う必要ないやろ」と明かさないが、チーム内の立場が危ういのは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る