巨人村田HCが明言の「捕手相性制」で小林に他球団が熱視線

公開日: 更新日:

 巨人の捕手がコロコロ変わる。1日のDeNA戦は小林誠司(29)がスタメンマスク。先発した吉川光の7回1失点の好投(4勝目)を引き出した。

 しかし、前日の試合で4年ぶりの完封勝利を挙げた内海と組んだのは、新人の大城卓三(25=NTT西日本)だった。内海は「しつこく、しつこくインコースを使ってくれた。大城に感謝。意思疎通、呼吸がしっかり合った結果」と絶賛したばかりである。もうひとりの宇佐見真吾(25)はメルセデスや故障離脱したヤングマンの登板時に出場している。一体、正捕手は誰なのか。村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)に聞くと、返答はこうだった。

「正捕手? おらん。まあ、調子とかもあるけど、これから捕手は、その日に先発する投手との相性で変えていこうと思ってるんや」

 現在の先発ローテでは、菅野、山口俊、吉川光の登板時は小林。内海には大城。メルセデスには宇佐見が相棒を務める。だが、小林は7月27日に先発復帰するまで、およそ1カ月もの間、先発から外れていた。村田ヘッドは「理由は言う必要ないやろ」と明かさないが、チーム内の立場が危ういのは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る