巨人村田HCが明言の「捕手相性制」で小林に他球団が熱視線

公開日:

 巨人の捕手がコロコロ変わる。1日のDeNA戦は小林誠司(29)がスタメンマスク。先発した吉川光の7回1失点の好投(4勝目)を引き出した。

 しかし、前日の試合で4年ぶりの完封勝利を挙げた内海と組んだのは、新人の大城卓三(25=NTT西日本)だった。内海は「しつこく、しつこくインコースを使ってくれた。大城に感謝。意思疎通、呼吸がしっかり合った結果」と絶賛したばかりである。もうひとりの宇佐見真吾(25)はメルセデスや故障離脱したヤングマンの登板時に出場している。一体、正捕手は誰なのか。村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)に聞くと、返答はこうだった。

「正捕手? おらん。まあ、調子とかもあるけど、これから捕手は、その日に先発する投手との相性で変えていこうと思ってるんや」

 現在の先発ローテでは、菅野、山口俊、吉川光の登板時は小林。内海には大城。メルセデスには宇佐見が相棒を務める。だが、小林は7月27日に先発復帰するまで、およそ1カ月もの間、先発から外れていた。村田ヘッドは「理由は言う必要ないやろ」と明かさないが、チーム内の立場が危ういのは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る