• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対戦は多いのに…エ軍大谷の打撃が同地区でからっきしの謎

 前日に12号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平(24)。

 8日(日本時間9日)のタイガース戦はスタメンを外れ、出場機会はなかった。8月に入って早くも3本塁打と調子は上向きとはいえ、気になるデータがある。

 ここまでの12本塁打のうち、11本はエンゼルスが所属するア・リーグ西地区以外の球団から打ったもの。同地区4球団との対戦に限れば70打数16安打の打率.229、1本塁打、5打点とからっきしなのだ。

 ア・リーグ西地区にはアストロズの右腕バーランダー、左腕カイクルらサイ・ヤング賞投手も少なくないとはいえ、大谷が同地区の投手にここまで手を焼いているのはなぜか。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「大谷は対戦が少なかったり、初めて当たる相手に強いことからも、研究されていないチームからは結果を残せるということでしょう。全米の注目を集めて入団しただけに、同地区のライバルは徹底的に大谷を研究、分析したことは想像に難くありません。各球団とも、大谷が苦手とするインハイの直球とアウトローのチェンジアップを徹底しています。この地区は首位を走るアストロズの他、マリナーズ、アスレチックスの2球団がポストシーズン進出の可能性を残している。それだけに中軸を打つ大谷に対しては今後も徹底して厳しく攻めてくるはずです」

 来季に向けて苦手意識は払拭しておきたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る