対戦は多いのに…エ軍大谷の打撃が同地区でからっきしの謎

公開日: 更新日:

 前日に12号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平(24)。

 8日(日本時間9日)のタイガース戦はスタメンを外れ、出場機会はなかった。8月に入って早くも3本塁打と調子は上向きとはいえ、気になるデータがある。

 ここまでの12本塁打のうち、11本はエンゼルスが所属するア・リーグ西地区以外の球団から打ったもの。同地区4球団との対戦に限れば70打数16安打の打率.229、1本塁打、5打点とからっきしなのだ。

 ア・リーグ西地区にはアストロズの右腕バーランダー、左腕カイクルらサイ・ヤング賞投手も少なくないとはいえ、大谷が同地区の投手にここまで手を焼いているのはなぜか。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「大谷は対戦が少なかったり、初めて当たる相手に強いことからも、研究されていないチームからは結果を残せるということでしょう。全米の注目を集めて入団しただけに、同地区のライバルは徹底的に大谷を研究、分析したことは想像に難くありません。各球団とも、大谷が苦手とするインハイの直球とアウトローのチェンジアップを徹底しています。この地区は首位を走るアストロズの他、マリナーズ、アスレチックスの2球団がポストシーズン進出の可能性を残している。それだけに中軸を打つ大谷に対しては今後も徹底して厳しく攻めてくるはずです」

 来季に向けて苦手意識は払拭しておきたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る