西武・菊池雄星に迫る“魔の手”…いわくつきスカウトの姿も

公開日:  更新日:

 中5日で9回、計127球を投げて7安打1失点、チームの勝利に貢献したのが西武の菊池雄星だ。

 26日、メットライフドームのネット裏には菊池目当てのメジャースカウトがズラリ。ヤンキース、レッドソックス、フィリーズなどが投球をチェックする中、いわくつきのスカウトの姿も。ドジャースのジョン・ディーブル環太平洋スカウト部長のことだ。

 一昨年11月、WBC日本代表の強化試合ではエイドリアン・ゴンザレスとともに大谷と談笑、ドジャースグッズを詰め込んだバッグをプレゼントして、他球団からタンパリング疑惑を指摘された問題のご仁だ。

 結果として大谷は取り損なったし、今回はおそらく菊池がターゲットなのだろう。さすがに公衆の面前で露骨な行動にはでなかったが、「裏でどんなことをやってるか分かったもんじゃない」ともっぱらだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る