• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソーシア退任で失う後ろ盾…エ軍大谷の“二刀流”が消滅危機

 大谷翔平(24)が受けるであろうショックの大きさは計り知れない。

 5日(日本時間6日)のインディアンス戦に「3番・DH」でスタメン出場し4打数2安打1打点と、今季13度目のマルチを記録したものの、大リーグの公式ホームページは4日(同5日)、エンゼルスのマイク・ソーシア監督(59)が今年限りで退任すると報じたからだ。

 ソーシア監督は同日敵地での試合前に、「単なるたわ言」と退任話を強く否定。大谷も試合後、「報道は報道。ちょっと分からない」とコメントし困惑している。

■オーナーの決断

 ソーシア監督はエンゼルスを率いて今年で19年目。2002年のワールドシリーズを制するなどア・リーグの最優秀監督賞を2度受賞。

 09年からの10年契約が今年いっぱいで切れるため、その去就が注目されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る