指揮官がブルペン入り発表 エ軍大谷「二刀流復活」のXデー

公開日:

 二刀流の復活に向けて一歩前進である。

 右肘の故障で現在は打者に専念しているエンゼルス・大谷翔平(24)の本格的な投球練習再開のメドが立った。

 ソーシア監督は7日(日本時間8日)、大谷が11日(同12日)に、ブルペンでピッチングを再開すると発表。同監督は前日、「投手復帰への道のりは予定より順調に進んでいる。先週、考えていたよりも早くマウンドに上がれそうだ」と話すなど、投手としての復帰の見通しを明かしていた。

 すでに練習にキャッチボールを取り入れている大谷は、患部に不安がないのだろう。キャッチボールの距離を今では36メートルにまで延ばし、ほぼ連日のように感触を確かめている。

 6日は故障後、初めてブルペン入りし、タオルを使ったシャドーピッチングも行った。

 かねて大谷が希望する投手としての復帰も見えてきたが、しかし、メジャーのマウンドに立つのはシーズン終盤までずれ込むかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る