エ軍今季プレーオフ進出は絶望的 悩める大谷翔平の現在地

公開日:

 大谷翔平(24)が所属するエンゼルスの動きが慌ただしい。

 5日のインディアンス戦に敗れ、借金は今季ワーストの3に。プレーオフ進出はほぼ絶望的とあって、来季に向けた動きが加速しているのだ。正捕手マルドナドと二塁手キンズラーを放出して若手を獲得。前日、ソーシア監督の今季限りでの退団が明らかになったと思ったら、5日は打率1割台に低迷する三塁手バルブエナ(32)を戦力外にした。

 そんな中、3試合連続で3番を打った大谷は2安打1打点。中軸の務めは果たしたものの、それがチームの勝利に結びつかない。

 打率は.271までアップしたが、“消化試合”で残した数字に果たしてどれほどの価値があるというのか。チームが勝てないのであれば、今後はひたすら個人成績を上げることだけを考えてプレーすればよいのか。それとも今季中に投手として復帰、二刀流の復活を目標にするべきなのか。

 まだ、8月に入ったばかり。残り50試合近くある中で、モチベーションの維持が困難になったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る