エース上野酷使の限界…東京五輪ソフト金は若手育成が急務

公開日:

 米国の壁は厚かった。

 12日、世界女子ソフトボール選手権決勝で米国に6―7でサヨナラ負け。4年ぶりの王座奪還とはならなかった。

 先発に起用された上野由岐子(36)は決勝前まで6試合で防御率0.00。しかし、三回に逆転3ランを打たれて初失点を喫すると、タイブレークに入った十回裏に痛恨の3失点。今大会550球目で力尽きた。

「何とか期待に応えたかったが、申し訳なかった」と話した上野は、決勝の3時間半前に終了したカナダとの3位決定戦にも先発し、87球7回無失点。敗者復活で決勝に進出したが、さすがに疲労困憊だった。

 36歳のベテランがここまで酷使されるのは、エースの後進育成が滞っているからだ。今大会では勝股美咲(18)や藤田倭(27)らの若手も先発したものの、上野を脅かすには至らない。北京を最後に五輪競技から外れたことも育成速度を遅らせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る