藤浪不振と金本監督の悪評が…高校球児も阪神には疑心暗鬼

公開日:  更新日:

 果たして、思い通りにいくのかどうか。

 阪神が今秋ドラフトで、大阪桐蔭の藤原恭大外野手(3年)と根尾昂内野手(同)をそれぞれ1位候補としてリストアップしている。

 阪神の外野陣は両翼を担う糸井嘉男(37)、福留孝介(41)の高齢化が進み、さらに中堅も日替わり起用。二刀流・根尾のポジションである遊撃も、ここ最近は北條史也(24)がスタメン出場しているものの、完全に固定できないままでいる。3年後、5年後を考えれば、魅力的な2人であることは間違いない。

「とはいえ、問題はあります。阪神では、藤原や根尾の高校の先輩である藤浪晋太郎(24)が伸び悩んでいますからね」とは、高校野球に詳しいスポーツライター。

「藤浪は新人年から3年連続2ケタ勝利をマークしたものの、その後は尻すぼみ。いまや立ち直る気配もなく、阪神の指導力不足を指摘する声もかまびすしい。大阪桐蔭はプロ入りしたOBが多いだけでなく、現役の生徒たちとのつながりも深い。オフに生徒たちが練習する傍らで、自主トレを行うOBがたくさんいるので、各球団の評判は生徒たちに筒抜けです。浅村や森などが主力として活躍する西武と比べて、マイナス面が大きいのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る