山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

虎党として思う 阪神はいっそ最下位に終わったほうがいい

公開日:

 現在、阪神タイガースは極めて深刻な問題を抱えている。生え抜きの若手育成を中心とする大改革を目指していた金本知憲監督の就任3年目。そろそろ一定の結果を求められる時期だが、チームの順位はともかく、若手育成という最重要課題については厳しい現実を突きつけられている。

■金本体制に感じる限界

 就任1年目に頭角を現した高山俊、北條史也、原口文仁の3人がそのまま主軸に定着することはなく、就任2年目の昨季に芽を吹いた中谷将大と大山悠輔の和製大砲候補も、今季はやはり伸び悩んだ。投げては藤浪晋太郎の苦悩、秋山拓巳と岩貞祐太の(悪くはないんだけど)いまひとつ突き抜けない状態。さらには肝いりの外国人大砲が失敗を繰り返し、自慢のリリーフ陣にも綻びが出始めた。これはもう、何かが根本的におかしいのだろう。就任1年やそこらでとやかく言うのは早計だが、3年目の後半ともなると事情は違う。私は虎党の一人として、金本体制に限界を感じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る