広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

公開日: 更新日:

 巨人阪神、早くも来年のことで頭がいっぱいのようだ。

 12日、巨人は広島に勝って敵地マツダでの連敗を13で止め、一方の阪神はDeNAに大敗した。シーズンが残り50試合を切る中で、セは広島の3連覇が濃厚。ともに就任3年目の巨人高橋、阪神金本の両監督が仮に来季も続投するとしても、広島にこれ以上、やられ続けるわけにはいかない。

「広島の野手陣と比べると、巨人と阪神は戦力が手薄。今オフは、野手の補強により多くの予算をつぎ込む方針と聞いています」とは、さる放送関係者。

 今オフ、野手のFA市場で目玉になるのは、広島の丸佳浩外野手(29)と西武浅村栄斗内野手(27)。セ・パの首位チームの3番打者だ。

 丸は4月に右足故障で一時離脱したものの、打率.313、25本塁打、57打点。浅村はここまで全100試合に出場し、打率.315、23本塁打、87打点。打点王争いでトップに立っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る