不慣れ女房で乱調…田中将は5年連続2ケタ勝利へ足踏み続く

公開日:

 ヤンキース・田中将大(29)が16日(日本時間17日)のレイズ戦に登板。6回を9安打2失点で4敗目(9勝)となり、14年のメジャーデビューから5年連続の2ケタ勝利はならなかった。田中は7月31日のオリオールズ戦で9勝目を挙げたのを最後に、3戦連続で白星から遠ざかっている。

 田中は一回、先頭のスミスに左前打を浴びると二盗を許していきなりピンチを迎える。続くウェンデルに中越えの二塁打で先制されると、この回は4連打で2点を失った。

 この日の捕手は、過去3度しかバッテリーを組んだことがない日系4世のカイル・ヒガシオカ(28)。不慣れな捕手とのコミュニケーション不足が立ち上がりの乱調を招いた。

▽田中のコメント
「立ち上がりの4連打は自分が制球できない球を打たれた。初回はアグレッシブさが足りなかった。二回以降は投げるコース、攻め方はアジャストできた」  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る