不慣れ女房で乱調…田中将は5年連続2ケタ勝利へ足踏み続く

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(29)が16日(日本時間17日)のレイズ戦に登板。6回を9安打2失点で4敗目(9勝)となり、14年のメジャーデビューから5年連続の2ケタ勝利はならなかった。田中は7月31日のオリオールズ戦で9勝目を挙げたのを最後に、3戦連続で白星から遠ざかっている。

 田中は一回、先頭のスミスに左前打を浴びると二盗を許していきなりピンチを迎える。続くウェンデルに中越えの二塁打で先制されると、この回は4連打で2点を失った。

 この日の捕手は、過去3度しかバッテリーを組んだことがない日系4世のカイル・ヒガシオカ(28)。不慣れな捕手とのコミュニケーション不足が立ち上がりの乱調を招いた。

▽田中のコメント
「立ち上がりの4連打は自分が制球できない球を打たれた。初回はアグレッシブさが足りなかった。二回以降は投げるコース、攻め方はアジャストできた」  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る