複数スカウトが評価 MLB公式サイトに雄星「19年移籍」報道

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)に次ぐ、日本人選手のメジャー移籍に注目が集まっている。

 大リーグ公式ホームページは15日(日本時間16日)、西武の左腕、菊池雄星(27)が今オフにもポスティングでメジャーに移籍すると報じた。

 記事では、各球団のスカウトの評価を掲載。最速96マイル(約155キロ)左腕の菊池は「先発2番手を任せられる力量を持っている」と複数のスカウトが証言しているという。

 菊池を巡っては、かねてメジャー移籍の噂がささやかれてきたが、今季の西武は10年ぶりのリーグ優勝がかかる。ある関係者の話として「日本一を逃せば、来季も残留する可能性もある」と伝えている。

 今季の菊池は、16試合に登板して9勝2敗、防御率3.20。「左肩の機能低下」の影響もあり本来のパフォーマンスを発揮しきれていない。

 菊池の移籍が実現すれば、米国でも花巻東高の後輩である大谷との対戦に注目が集まるのは必至。同地区のライバルであるマリナーズ、レンジャーズなどが獲得に乗り出す可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る