• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

複数スカウトが評価 MLB公式サイトに雄星「19年移籍」報道

 エンゼルス・大谷翔平(24)に次ぐ、日本人選手のメジャー移籍に注目が集まっている。

 大リーグ公式ホームページは15日(日本時間16日)、西武の左腕、菊池雄星(27)が今オフにもポスティングでメジャーに移籍すると報じた。

 記事では、各球団のスカウトの評価を掲載。最速96マイル(約155キロ)左腕の菊池は「先発2番手を任せられる力量を持っている」と複数のスカウトが証言しているという。

 菊池を巡っては、かねてメジャー移籍の噂がささやかれてきたが、今季の西武は10年ぶりのリーグ優勝がかかる。ある関係者の話として「日本一を逃せば、来季も残留する可能性もある」と伝えている。

 今季の菊池は、16試合に登板して9勝2敗、防御率3.20。「左肩の機能低下」の影響もあり本来のパフォーマンスを発揮しきれていない。

 菊池の移籍が実現すれば、米国でも花巻東高の後輩である大谷との対戦に注目が集まるのは必至。同地区のライバルであるマリナーズ、レンジャーズなどが獲得に乗り出す可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る