根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

公開日:

「見なきゃいけない選手が多すぎて……」

 某セ球団の関西地区担当スカウトは、汗だくになりながら、こうボヤいた。

 6日の作新学院戦に勝利した大阪桐蔭。今秋ドラフト1位候補の根尾昂投手兼遊撃手、藤原恭大外野手が揃って2安打を放ち、改めて能力の高さを見せつけた。

 この2人を筆頭に、大阪桐蔭にはドラフト候補がワンサカいる。冒頭のスカウトが続ける。

「1位候補はこの2人ですが、この日、9回1失点完投した右腕の柿木蓮、捕手の小泉航平に加え、主将の三塁手・中川卓也も好素材です。中には大学進学予定者もいますけど、計10人ものドラフト候補がいて、彼らのプレーをチェックしないといけない。試合後はもう、グッタリです」

 同一高校からの最多指名人数は、2001年の日大三などの4人。大阪桐蔭は今年、この記録を塗り替える可能性が十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る