ソフトBを9連勝に導く "6番目の男"グラシアルは価値44億円

公開日:

 ソフトバンクは26日、西武戦の延長十二回1死満塁から、ジュリスベル・グラシアル内野手(32)が劇的なサヨナラ満塁本塁打を放って9連勝。首位西武とのゲーム差を5に縮めた。6点差を一時逆転される嫌な雰囲気を振り払ったのは、キューバ代表でもある助っ人だった。

 昨年のWBCで菅野から本塁打を放ち、「憧れ」の日本球界へのアピールに成功した。しかし、入団した今年2月の段階で、サファテ、バンデンハーク、デスパイネ、モイネロ、右肘手術からの復帰を目指すスアレスがすでに在籍。助っ人6人中、最後の「バックアップ要員」という扱いだった。それでも年俸は5500万円。キューバの野球事情に詳しい球界関係者がこう言う。

「キューバ政府から正式に派遣された選手は、年俸の20%を政府に支払う。年俸5500万円なら国へ1100万円、本人の取り分は4400万円になる。キューバの野球選手の月収は、会社員より少し優遇されていて2000円ほどとされる。日本とはゼロが2つ違うと考えると、何と44億円もの価値です」

 5月には左手の薬指を骨折したが、そこから這い上がるには十分過ぎるモチベーションがあったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る