ソフトBを9連勝に導く "6番目の男"グラシアルは価値44億円

公開日: 更新日:

 ソフトバンクは26日、西武戦の延長十二回1死満塁から、ジュリスベル・グラシアル内野手(32)が劇的なサヨナラ満塁本塁打を放って9連勝。首位西武とのゲーム差を5に縮めた。6点差を一時逆転される嫌な雰囲気を振り払ったのは、キューバ代表でもある助っ人だった。

 昨年のWBCで菅野から本塁打を放ち、「憧れ」の日本球界へのアピールに成功した。しかし、入団した今年2月の段階で、サファテ、バンデンハーク、デスパイネ、モイネロ、右肘手術からの復帰を目指すスアレスがすでに在籍。助っ人6人中、最後の「バックアップ要員」という扱いだった。それでも年俸は5500万円。キューバの野球事情に詳しい球界関係者がこう言う。

「キューバ政府から正式に派遣された選手は、年俸の20%を政府に支払う。年俸5500万円なら国へ1100万円、本人の取り分は4400万円になる。キューバの野球選手の月収は、会社員より少し優遇されていて2000円ほどとされる。日本とはゼロが2つ違うと考えると、何と44億円もの価値です」

 5月には左手の薬指を骨折したが、そこから這い上がるには十分過ぎるモチベーションがあったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る