育成出身が活躍 巨人が中日に仕掛ける“ドミニカ代理戦争”

公開日:

 巨人を育成上がりの格安ドミニカ人助っ人が席巻している。

 17日の中日戦にC・C・メルセデス(24)が先発。八回途中5失点(自責2)で2敗目(3勝)を喫したものの、高橋由伸監督は「少し制球に苦しんだ割に、テンポとリズムはそんなに悪くはなかった」と責めなかった。

 年俸は550万円ながら、デビューからいきなり3試合で20イニング連続無失点。記録は25イニングで途切れたとはいえ、これまで6試合に登板して防御率1・90と抜群の安定感で、首脳陣の評価はうなぎ上りだ。

 救援陣は上原、マシソン、カミネロを欠く苦しい台所事情の中、サムエル・アダメス(23)が守護神を務め2セーブ。こちらは同620万円だ。

■格安助っ人が高給取りを穴埋め

 最近はスタメンを外れているが、内野手のホルヘ・マルティネス(25)は主に二塁や故障離脱中の坂本勇の穴を埋めるべく遊撃に入ったこともあるユーティリティープレーヤー。ここまで2本塁打をマークし、同530万円だ。3人には6、7月に育成から支配下選手契約を結んだドミニカ人という共通点がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る