育成出身が活躍 巨人が中日に仕掛ける“ドミニカ代理戦争”

公開日: 更新日:

 巨人を育成上がりの格安ドミニカ人助っ人が席巻している。

 17日の中日戦にC・C・メルセデス(24)が先発。八回途中5失点(自責2)で2敗目(3勝)を喫したものの、高橋由伸監督は「少し制球に苦しんだ割に、テンポとリズムはそんなに悪くはなかった」と責めなかった。

 年俸は550万円ながら、デビューからいきなり3試合で20イニング連続無失点。記録は25イニングで途切れたとはいえ、これまで6試合に登板して防御率1・90と抜群の安定感で、首脳陣の評価はうなぎ上りだ。

 救援陣は上原、マシソン、カミネロを欠く苦しい台所事情の中、サムエル・アダメス(23)が守護神を務め2セーブ。こちらは同620万円だ。

■格安助っ人が高給取りを穴埋め

 最近はスタメンを外れているが、内野手のホルヘ・マルティネス(25)は主に二塁や故障離脱中の坂本勇の穴を埋めるべく遊撃に入ったこともあるユーティリティープレーヤー。ここまで2本塁打をマークし、同530万円だ。3人には6、7月に育成から支配下選手契約を結んだドミニカ人という共通点がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る