本人否定も識者指摘 楽天アマダーの拭えぬドーピング疑惑

公開日: 更新日:

野球人生でドーピング行為をしたことは一度もありません」

 9日、楽天のジャフェット・アマダー(31)がドーピング違反によって6カ月の出場停止処分を科された。去る3日に右脇腹痛で抹消され、自宅謹慎処分を受けた助っ人は、球団を通じて身の潔白を訴えた。

 6月13日の中日戦後に検査を受け、7月23日に利尿作用がある「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出された。筋肉増強剤や興奮剤の使用を隠蔽するために使用されるケースが多く、禁止薬物に指定されている。同30日のNPBによるヒアリングでは、意図的な摂取を否定。8月1日にB検体での再検査をしたが、こちらも陽性反応が出た。

 この助っ人は体重135キロの日本最重量選手として2016年に入団。3年目の今季は20本塁打を放っている。「ただのデブじゃない。相撲取りのような体形で筋肉も凄い」とは、チーム関係者の弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る