• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日ガルシア12勝目 1年契約“優良助っ人”の来季所属先は

 中日の優良助っ人がまた勝った。

 21日の阪神戦に先発したガルシア(29)が7回無失点の好投で12勝目を挙げた。

 年俸5000万円の助っ人は、開幕前に森監督からフォームなどの指導を受けて才能開花。同僚の松坂にアドバイスを仰ぐなど勉強熱心で、1年目から日本野球に適応している。

「チームのムードメーカーでもある。去年までは打てなくなると、ベンチがシーンとすることが多かったのですが、登板しない日もベンチで一生懸命、声を出している。外国語で何を言っているか分からないんだけど、このガルシアと一緒に同僚のビシエド、アルモンテも騒ぐので、彼らにつられるように、ベンチの雰囲気は明るくなりました」(チーム関係者)

 そんなガルシアの契約は1年。昨年は本塁打王を獲得したゲレーロが同じく1年契約だったため、好条件を求めて巨人へ流出した。もちろん、中日も引き留めるだろうが、今のところ契約延長の話は聞こえてこない。他球団に引き抜かれなければいいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る