中日ガルシア12勝目 1年契約“優良助っ人”の来季所属先は

公開日: 更新日:

 中日の優良助っ人がまた勝った。

 21日の阪神戦に先発したガルシア(29)が7回無失点の好投で12勝目を挙げた。

 年俸5000万円の助っ人は、開幕前に森監督からフォームなどの指導を受けて才能開花。同僚の松坂にアドバイスを仰ぐなど勉強熱心で、1年目から日本野球に適応している。

「チームのムードメーカーでもある。去年までは打てなくなると、ベンチがシーンとすることが多かったのですが、登板しない日もベンチで一生懸命、声を出している。外国語で何を言っているか分からないんだけど、このガルシアと一緒に同僚のビシエド、アルモンテも騒ぐので、彼らにつられるように、ベンチの雰囲気は明るくなりました」(チーム関係者)

 そんなガルシアの契約は1年。昨年は本塁打王を獲得したゲレーロが同じく1年契約だったため、好条件を求めて巨人へ流出した。もちろん、中日も引き留めるだろうが、今のところ契約延長の話は聞こえてこない。他球団に引き抜かれなければいいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  8. 8

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る