中日ガルシア12勝目 1年契約“優良助っ人”の来季所属先は

公開日:

 中日の優良助っ人がまた勝った。

 21日の阪神戦に先発したガルシア(29)が7回無失点の好投で12勝目を挙げた。

 年俸5000万円の助っ人は、開幕前に森監督からフォームなどの指導を受けて才能開花。同僚の松坂にアドバイスを仰ぐなど勉強熱心で、1年目から日本野球に適応している。

「チームのムードメーカーでもある。去年までは打てなくなると、ベンチがシーンとすることが多かったのですが、登板しない日もベンチで一生懸命、声を出している。外国語で何を言っているか分からないんだけど、このガルシアと一緒に同僚のビシエド、アルモンテも騒ぐので、彼らにつられるように、ベンチの雰囲気は明るくなりました」(チーム関係者)

 そんなガルシアの契約は1年。昨年は本塁打王を獲得したゲレーロが同じく1年契約だったため、好条件を求めて巨人へ流出した。もちろん、中日も引き留めるだろうが、今のところ契約延長の話は聞こえてこない。他球団に引き抜かれなければいいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る