5点差から逆転負け 巨人"復帰と帰国"の助っ人問題浮き彫り

公開日:

 巨人が痛恨の逆転負けを喫した。

 26日の阪神戦。8―3の八回に登板した3番手・沢村拓一(30)が大誤算だった。梅野に2ランを被弾。2死走者なしからさらに連続四球などで満塁のピンチを招くと、俊介に2点適時打を浴びて降板となった。1点差に迫られ、なおも2死一、二塁。ここで4番手・池田が伊藤隼に逆転三塁打を浴び、この回一挙6失点で試合をひっくり返された。巨人はまたも借金完済に失敗。高橋由伸監督(43)は「(逆転された)あの回しか振り返るところはないかな。沢村の四球? まあ、何と言っていいか分からないけど」と6失点の沢村に呆れ気味だった。

 救援陣が苦しい巨人の台所事情が改めて露呈した。くしくもこの日、「マシソン&カミネロが渡米へ 精密検査後、結果次第で手術も」とスポニチに報じられ、「2人が渡米? そうですね」と認めた鹿取GMの顔は、お通夜のようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る