広島戦15敗は26年ぶり 由伸G「最終手段」通じず万策尽きる

公開日:

 奥の手も通じなかった。

 29日の広島戦。巨人は超攻撃的な布陣を敷いた。正三塁手のマギーを二塁でスタメン起用。これにより、一塁・阿部、三塁・岡本、左翼・ゲレーロが同時に出場する重量打線が形成された。

 高橋由伸監督(43)は「攻撃的にいったというところも含めて、今日はそういう布陣を取った」と説明。マギーは昨季の後半戦で二塁を守った経験はあるものの、今季は初スタメン。試合前の練習では、遊撃・坂本と併殺プレーの練習を繰り返すマギーの姿があった。その頃、三塁側ベンチでは、広島のある首脳陣がこう漏らしていた。

「マギーを二塁に回して、(前日スタメンを外れた)阿部を使いたいってことだろうね。そうすれば岡本とゲレーロも同時に出られる。確か今年はやってなかったよね? でも何で今? きのう大敗したから? それなら今日カープが勝てば、巨人はシュンとなるね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る