小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

セ3連覇濃厚の広島はV9時代の巨人に酷似している

公開日:

 広島カープは23日時点でマジック24。2位ヤクルトとは12ゲーム差をつけており、リーグ優勝は間違いないところ。セ・リーグ3連覇は巨人以外では広島が初の快挙となる。もし、3年連続2位に2桁ゲーム差の優勝なら、川上哲治監督が率いたV9巨人のV1~3(1965~67年)以来、実に51年ぶり。プロ野球史上2度目となる金字塔だ。

 それほどの強さの秘密を試合運びから追いたい。私は10年前にV9巨人(65~73年)の詳細調査を実施した。今季の広島は、まぎれもなくそのV9巨人型なのだ。9年間のV9のイニング別の得失点差は初回が最大。年平均+31.8点を確保。1、2番の高田繁、土井正三、黒江透修、柴田勲らがしぶとく出塁。送り、走って揺さぶり3、4番のON砲(王貞治、長嶋茂雄)が集中砲火。序盤からリードし、試合の主導権を握る先行逃げ切りの野球を確立していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る