• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

セ3連覇濃厚の広島はV9時代の巨人に酷似している

 広島カープは23日時点でマジック24。2位ヤクルトとは12ゲーム差をつけており、リーグ優勝は間違いないところ。セ・リーグ3連覇は巨人以外では広島が初の快挙となる。もし、3年連続2位に2桁ゲーム差の優勝なら、川上哲治監督が率いたV9巨人のV1~3(1965~67年)以来、実に51年ぶり。プロ野球史上2度目となる金字塔だ。

 それほどの強さの秘密を試合運びから追いたい。私は10年前にV9巨人(65~73年)の詳細調査を実施した。今季の広島は、まぎれもなくそのV9巨人型なのだ。9年間のV9のイニング別の得失点差は初回が最大。年平均+31.8点を確保。1、2番の高田繁、土井正三、黒江透修、柴田勲らがしぶとく出塁。送り、走って揺さぶり3、4番のON砲(王貞治、長嶋茂雄)が集中砲火。序盤からリードし、試合の主導権を握る先行逃げ切りの野球を確立していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る