新守護神に山口俊 “大バクチ”の成否が巨人監督問題を直撃

公開日: 更新日:

「由伸監督に来季も続投してもらうという基本方針は変わらないと思う。火中の栗を拾ってもらったという就任の経緯も経緯だし、転換期を迎えているチームをすぐに立て直せるとは上層部も考えていない。ただし、チーム低迷の責任が斎藤(雅樹投手総合)コーチに求められる可能性は出てきた。抑えのカミネロ、セットアッパーのマシソンが相次いで故障で離脱する異常事態とはいえ、リリーフ陣の崩壊を止められていないのは事実。元守護神の沢村も再生できず、先発でも昨年13勝の田口(今季2勝7敗、防御率4.95)を復調させられず、若手も出てこない。斎藤コーチはポスト由伸の最有力候補だったが、それがどうなるか分からなくなってきた」(読売関係者)

■原氏や中畑氏の名前も

 現役時代、「平成の大エース」といわれた斎藤コーチは、2016年に野球殿堂入り。昨季途中に二軍監督から一軍コーチに転じた。由伸監督の来季続投が既定路線とはいえ、指揮官本人が3年連続V逸の責任を取って辞任の決意を固める可能性はゼロではない。そうした不測の事態が起きた場合には、「平成の大エースの登板」とチーム内でも認識されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る